食費が足りない!主婦のピンチ!そんな時には・・・

この記事は約 3 分で読めます。

結婚をし家庭に入った主婦の方が、日々常々頭を悩ませている食費。
家計費の中で一番やりくりができる費用であり、家族に健康的で美味しい食事を用意しつつどう食費を削り節約するか、主婦が毎日取り組んでいる大事なお仕事です。
家族の人数が多ければその分食費もかさみますが、家族に大食漢がいたり、食べ盛り育ち盛りの年齢の子供がいる家庭では、月々の食費もぐんと高くなります。
旦那様の晩酌代が、月々結構かかってしまう家庭もありますよね。
急な出費が重なった月や生活費がギリギリの月に、食費が足りない!なんていう事態に陥ってしまうことがあるかもしれません。
そんな時はどうしたらいいのでしょうか。方法や対策を紹介します。

スポンサーリンク

食費が無い!どう乗り切る?

食費に遣えるお金が少ない時、パートを増やす、誰かに借金をするなど方法はありますが、主婦がまず考えるのは「節約」ですね。
材料費の安いものを買ったり、外食を控えたりすると食費の節約になります。
スーパーのチラシを見比べて、十円でも安いものを買いにお店をハシゴする主婦も多くいます。
その日の特売品を多めに買って、常備菜として保存し数日間に分けて食べるようにすることも食費の節約につながります。
安い食材で、どれだけ美味しく家族を満足させられる料理を作ることができるか、主婦の腕の見せ所です。
主婦の方の中には、どれだけ食費を節約しつつ、かつ美味しくボリュームのある料理を作るかというアイデアを考えることが日々の課題となり、中にはそれが趣味になる人もいます。
節約、節約とストレスをためずに、前向きに捉えて楽しく節約できるといいですよね。

食費を節約する以外の対処法は?

スーパーをハシゴして、工夫いっぱいの手作り節約料理を作ることが食費が無い時の上手な乗り切り方ですが、中には料理が得意じゃ無い人いるでしょうし、生まれたばかりの赤ちゃんがいる、両親の介護があるなどの事情があり、買い物や料理に手間暇をかけていられないという主婦の方もいますよね。
食費に必要なのは、家族構成にもよりますが月に3万円から4万円くらいです。
そのお金をどう工面したら良いでしょう。
食べるという活動は毎日のことで、電気代や水道代のように支払い期限を延ばしてもらうことはできませんよね。
確実にお金を作れる方法としては、キャッシングやクレジットカードを利用したローンがあります。過去に金銭トラブルなどを起こしていなければ、主婦の方でも借り入れができます。
大手ローン会社ではプライバシーの保護もしっかり取られているので、主婦友達や子供の学校の先生に借金が知られてしまうようなことはありません。
どうしても食費や生活費が足りない時には、利用することを検討してみると良いでしょう。

食費が足りない時のまとめ

食費が足りない時の、その対策と乗り切り方について書いてみました。
まずは自分の生活を見直し、収支のバランスが取れているかどうか、無駄な出費がないかどうかをチェックすることが大切です。
切り詰めてばかりではストレスになる場合もありますから、楽しく節約を心がけ、あまり無理をしすぎないようにしたいところです。
どうしても辛い時には、お金を借りるという助けを得るようにしましょう。

急にお金が必要。お金が用意できない

今すぐお金が必要で、誰にも借りることができない場合は、キャッシング・カードローンをおすすめします。

周りにお金がないこともばれないし、お金ないんだ、、、と噂を立てられることもありません

キャッシング・カードローンを利用する場合、安定した収入があれば審査は最短30分で通ります。
プロミスなどの大手ローン会社なら知名度もあり安心です。
初回利用者は30日間無利息※でお金が借りられます。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

とりあえず今必要なお金を借りて、30日以内に返済すれば金利は一切かからないということです。お金の工面で悩んでいる人は、相談してみるといいでしょう。

 

まずは、プロミス公式サイトで3秒診断し確認しましょう。

安心!プロミス女性専用キャッシング

コメント

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました