格安simフリーでスマホ料金節約。今更聞けない格安simフリーのあれこれ

この記事は約 11 分で読めます。

2015年の5月から導入化されて、それ以来CMでよく耳にしたり目にしたりすることの多い「格安スマホ」や「SIMフリー」
待っていましたとばかりに利用することにした人もいたかもしれませんが、なぜ安くなるのか、本当に大丈夫なのかと思ってしまい躊躇してしまった方や、携帯やスマホなどの機械初心者でわからないけど、安くなるのであれば是非利用したい。でもどうすればいいかわからないのでそのままという方もおられるかもしれません。

スポンサーリンク

そもそも格安スマホってなに?

格安スマホという場合は、本体価格の安いスマートフォン単体と、大手通信会社ではないSIMカード単体。そしてそれをセット販売しているものの総称として使われているようです。
(ちなみにSIM・SIMカードとはすべてのスマートフォンやタブレット端末に入っている小さなカードの事です。その小さなカードの中に契約先の携帯電話会社や電話番号、料金プランなどの情報が入っており、それを入れないと使用することが出来なくなる大切な情報が入った絶対に必要なカードです。)通常、携帯会社に赴き携帯を購入するとその会社のSIMカードもセットになった状態で契約が成立してしまいますので、量販店などでSIMフリー対応の本体を購入することになります。

 

実際大手メーカーのスマートフォンの通信料(通話料・メール、ネットなどを使っている時に発生する料金全て)に比べて、格安スマホを利用した場合、月々の使用量が3分の1になる事もあったり、データ通信(メールやネットを見るための通信。ちなみにWi-Fiに接続していれば料金はかかりません)そのものだけであれば月1000円以下で利用することもできるプランもあるというお財布にとても優しい格安スマホ。
ではなぜ普及しないのかと不思議に思いますよね?

 

もしかすると手続きが難しそうというイメージが原因かもしれない。
格安スマホを6回線も使いこなしている仕事仲間のMさんがそう話していたのを思い出しました。

 

一瞬、安かろう悪かろうで使えないから6回線も必要なのでは?と疑ってしまいましたが、どうやら実際使ってみた人に聞いてみても、今までのスマホと変わらずに使えているという声がほとんどです。

 

今までと変わらずに使えて安くなるというなら、ぜひ利用したいと思いますよね?

 

いまさら聞けない、聞きたくても誰に聞いたらいいのかわからないし、メリットもデメリットも良く分からないという方、一度格安スマホを取り扱っている量販店などに出向いて質問してみるのはいかがでしょうか
家具や家電などを買うときに、安くて納得出来る買い物をするためには普通チラシを見たり、店の口コミを見たり、場合によっては店員さんに評判を聞いたりするのと同じです。

 

それでも、何も知らないと何を聞けばいいのかも分からないので聞きに行きにくいという方のために、ここではぜひ知っていただきたい【格安スマホの基礎知識】をご紹介したいと思います
前述の文章にも記した通り、格安スマホや格安SIM、普及しない理由とも言われる手続きについて。また、メリットやデメリット、どんな風に使う人に向いているのか。一つずつ解決していきましょう!

格安SIMとは?

NTTドコモ・ソフトバンク・auなどの大手通信会社は、ユーザーを増やし、その人数や通信料に見合ったサービスを提供するため、またより速い通信速度を提供するために、自社で基地局やアンテナを整備し、自社の通信回線を増やしたり強化したりしています。
一方、格安SIMは自社でアンテナなどを設置する事は無く借りることでサービスを提供しているので、データ通信料金を安く提供できるのが特徴です。使いたいと思う場合には格安通信に必要なSIMカードを買い、SIMフリー対応のスマートフォンに挿入することで利用できるようになります。

格安スマホにするには本体も買い替える必要がある?

最初に記載した通り、今まで通信会社を大手会社に制限してしまう結果となっていたSIMの制限を無くする法律が出来ました。時間が経つと共にSIMフリーの機種も増えています。
自分自身が使っている機種がSIMフリーに対応していればそのままお使いいただけますが、対応していない場合は新たに購入が必要です。

 

ちなみに私はauのiphone6を使っていました。
つい先日、UQモバイルにしたのですが、そのままスマホは使えました。

 

でも、友人はソフトバンクのiphone6は使うことが出来なかったので、中古のauのiphone6の64GBを3万円ちょいで購入して、UQモバイルにしました。

格安simはなぜ安く提供できるのか?

格安スマートフォンを提供している通信業者は、大手の会社には必ずと言っていいほど見られる通話し放題など、通信料が多くかかる容量の大きいプランがありません。その代わり、利用者が必要としている通信料のみで契約することのできる容量の少ない通信プランを提供しているのです。無駄になっている通信料を省くことが出来るなら、安くなるのはすぐに理解できます。それに加えて多くの会社は実店舗を構えず、契約やサポートもオンラインや量販店で済ませているので、人件費がずいぶん抑えられているというのも大きな理由のひとつといえるでしょう。

何故格安simはあまり普及しないの?

先ず、やはり普及率の問題は大きいのではないでしょうか?この制度が導入されてしばらく経っているとはいえ、やはり格安スマホに変えたという人になかなか会わないのが現状です。そうなるとちょっと手続きについて聞いてみたり、使い勝手などを聞く機会がなく、「やっぱり面倒だな」とか「機械に詳しくないから難しそう」とか「店員さんに聞いたら時間がかかったり、買わなきゃいけない雰囲気になるかも」などの心配が先に立ってしまうかもしれませんね。ものを安くするために人件費を抑える。それは販売でも飲食でも、ほとんどの企業では常識になっているかもしれませんが、その為とはいえ、ネットを利用して自分で手続きをしたり、電話で説明を受けながら操作しなければならないというのは、大手企業のように分からない場合に顔と顔を合わせながら、説明してもらい、時には代わりに操作してもらえないと考えるとハードルが高いと思ってしまうのも仕方のない事なのかもしれません。

 

以上が格安スマートフォンについての基礎的な知識です。
では、次にメリットとデメリットについて、またどんな使い方をする人に向いているのかなどの予備知識について考えてみましょう。

格安simのメリットとデメリット

最初から格安スマートフォンと言われているだけに、安くスマートフォンやiPadなどのモバイル端末と言われる物を持つことが出来るというのはもうお分かりいただけていると思います。しかしメリットはそれだけではないですし、同時にデメリットについても考えるべきですので、分かりやすく箇条書き風にしてみたいと思います。
先ずメリットから考えてみましょう。

メリット

●データ通信料金が安い。これはもう説明するまでもないですね。

●最低契約期間が短い。多くの通信会社は、大体2年くらいの契約期間を設けていますね。機種変更や他社に乗り換えようとしたときに、違約金が発生すると言われた方もおられるかもしれません。また、自動更新になっていることが多いため、結局ズルズルと変更できなくなってしまったという経験もあるでしょう。そうなるとまた2年我慢するか、違約金を払うか悩むことになりますね。その点契約期間が無かったり、あっても長くて1年など短いのはとても魅力的なメリットと言えるでしょう。

●SIMカードが手元にあればすぐに開通できる。大手通信会社の販売店は多くあるものの、いつ行っても混んでいるとか手続きに時間がかかるとか、どうしても自分の思った時間内に用事を済ませることが出来ないという不満をお感じになった事がある方も多いかも知れませんね。その点格安スマートフォンは店頭でSIMカードなど必要なものを購入し、サイト上で必要事項を記入して申し込めば、10分程度ですぐ使えるようになるのです!

●使い切れなかった通信量が繰り越せる場合が多い。大手でもあるサービスですが、安いのに切り捨てではなく繰り越して使えるというのはかゆい所に手が届くサービスと言えるかもしれませんね。

 

では続いてデメリットについても考えてみましょう。

 デメリット

●音声通話が割高になる。話し放題などのプランが無いということは、どうしても通話には向かないと言えるかもしれません。しかし、無料で通話できるアプリが今は存在しています。音質や通信が少し不安定になってしまいますが、気にならないのであれば、そちらで通話することでデメリットというほどの事ではなくなるかもしれません。

●店舗がないか少ないため、直接相談しにくい。分からない事があったとき、不具合が生じたときなど、すぐに聞くことが出来ないというのは不安ですしもどかしいものです。超大型店舗の電気屋に行けば取り扱っているとはいえ、格安スマートフォンを専門に販売したり説明したりすることのできる人が常駐している店は少ないことを考えると、人によっては大きなデメリットとなり得ます。

●キャリアメールが使えなくなる。キャリアメールとは@以降がドコモなら@docomo.ne.jpソフトバンクであれば@softbank.ne.jpなどの会社名が後半に付くメールの事です。ですから今使っているアドレスを全てそのまま使い続けることは出来なくなります。しかし、Gメールなどのメールはそのまま使えますので、メールが出来なくなるという事ではありません。

●ショートメッセージサービスは、別途料金がかかる場合もある。普段から使う事が無い人にとってはデメリットにはならないかもしれませんが、使用していた方にとっては今まで無料で利用できていたサービスに対して料金を払うとなると、せっかく通信料を安くしようと思っているのにオプションとして料金を払うかどうか少し迷うところかもしれません。

 

改めてメリットとデメリットを考えてみると、大手通信会社よりも安いしそんなに困らないのではないかと思えてきますね。

 

でももう少し考えてみたい事があります。
それはやはりインターネットを利用している人向きのシステムや契約プランになっているという点です。

 

あなたはインターネットをよく利用されますか?
ネットで買い物ができるくらい使いこなせますか?
スマートフォンだけではなく複数のモバイル機器を使う予定はありますか?
電話をほとんどかけない、もしくはアプリの無料通話を利用すればいいと思えますか?

 

以上の質問に抵抗なく はい と答えることが出来るなら、格安スマートフォンを使うことをすぐに考慮できる
かもしれません。

 

反対に、電話をすることが多かったり、アプリの調子が悪いなど通話が難しくなった時に困る方、電波の不安定
な地域にお住まいの方、仕事でも電話を使うことが多い方には向いていないと言えるでしょう。住んでいる地域
はどうすることもできないかもしれませんが、自分が携帯電話に求めていることは何かをもう一度見直したり、
何に料金が使われているか、内訳の見直しをしたりするいい機会かもしれません。

 

では最後によくある素朴な疑問について考えたいと思います。

格安simの素朴な疑問

無料通話アプリとは?

簡潔に言えばLINEやSkype、Facebookなどの通話機能が搭載されているアプリです。プレイストアから無料でダウンロードし、登録することでチャットや通話をすることが出来ます。
また、それ以外にも楽天電話には3分までの国内通話は何度でも無料になるというプランもあります。ただアプリケーションに不具合が生じたり通信が弱くなってしまい切れたり、なかなか繋がらないといったデメリットもありますので、緊急の連絡や大事な商談などの通話には向かないと言えるかもしれません。

インターネットの通信速度は?

大手会社の回線を借りているとなると、余った回線を使うという事になるため一昔前のように接続に時間がかかったりするのではないかとお思いになる方もおられるでしょう。

確かに大勢の利用者が一気に利用するなら、大手通信会社の回線であったとしても速度は遅くなり繋がりにくくなります。ちょうど水道ホースを使って水を流すときのように、ホースの太さ以上の水(つまりこの場合は通信量)を流すことは出来ないのです。
大手が通信速度を売りにしつつ、自社の回線や基地の増設に力を入れているのは、全体的に利用者が増えていることに加えて他社よりもより強く早い回線を確保するためです。とはいえ、格安SIMであったとしても、大手よりは遅いと感じるかもしれませんが、普通にインターネットを使う分にはストレスを感じない速さは保たれますのでご安心ください。

通信料の少ないプラン・そもそも通信量ってどのくらい必要?

これは人それぞれですので、目安で考えてみましょう。大体1か月にインターネットを見たり、Twitter・Facebook・lineを使う程度なら1GB。毎日(高画質を除く)動画を30分見ても月に2GBあれば十分です。心配であれば一度今お使いの会社に赴いて月にどのくらい使っているか確認することも可能です。
様々なことを考慮してきましたが、まだまだ始まったばかりのサービスです。
携帯電話が普及した頃のように、山岳地帯など通信に不利な環境があったり、まだまだネットやメールではなく電話が無いと仕事が成り立たない会社や地域も多く存在します。ですから結局は都心部にお住まいの方や、本当に最小限の連絡が出来ればいいという方など、特定の人のためのサービスでしかないと思われるかもしれません。

 

携帯電話・スマートフォンが爆発的に普及していったように、もしかしたら格安スマホが当たり前なんて時代が来るかもしれません。

 

いずれにせよ、メールはそのまま使うことが出来なくても、電話番号はナンバーポータビリティサービスを使うなら(手続きに3000円ほど掛かります)電話番号のナンバーはそのまま使うことが出来ます。
ですから物価の高騰や年金などの減少によりいつか利用したいと思う時が来るかもしれません。その時のためにキャリアメール以外のメールアドレスを使ってみたり、ラインなどのアプリを入れて使い慣れるようにしてみるなら、いざというときに役に立つかもしれません。

おすすめ格安sim

私が契約したのはUQモバイルです。
以前はauを使っていました。
速度に不安はありましたが、全く問題なかったです!
それもそのはず、UQモバイルはauの回線を使っているからなんです。

 

結果、スマホ代が約8,000円/月から1980円/月になり、大満足です!

おすすめ
格安スマホのUQモバイル
UQモバイル公式サイトへ
【無料通話もネットもコミコミ】
 1,980円/月(1年間)

【どれだけ使ってもデータ消費ゼロ】
 節約モード(送受信最大300kbps)で、思う存分、SNS!

【スマホデビューキャンペーン実施中】
 オプションサービス最大3ヶ月無料

 

コメント

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました