10年経過した10年落ちの車の買取は可能?

車関係節約

この記事は約 3 分で読めます。

車を処分したい、または新しい車に乗り換えたいというとき、車買取専門店に査定や買取の依頼をしますよね。
10年以上が経過した10年落ちの車を売却したい場合、買い取ってもらえるものでしょうか?

スポンサーリンク

10年落ちの車は売れない?

購入前にチェックしておきましょう一般的に、車の寿命は10万キロと言われています。

 

それは走行距離が8万キロ?10万キロほどになると、消耗品パーツの交換が必要になるからです。
その走行距離に達するのが、だいたい10年が平均なので「10年落ち」という区切りができたのでしょう。

 

つまり、10年乗った車は10万キロほどの走行距離に達しており、メンテナンス費や交換費用がかかると考えられています。
そのため、手間と費用がかかるからと10年落ちの車は敬遠されがちなのは事実なのですが、最近では10年以上経過の車でも、きちんとメンテナンスがされ状態が良好であれば、まだまだ乗用可能とみなされ買い取ってもらえます。

 

海外では、10万キロどころではなく50万キロ以上走った車でも普通に使用されています。
特に日本車は海外で人気があります。
日本の中古車の車検制度が海外のものと比べてしっかりしていることも理由の一つですが、そもそも日本製の車が良質なので、根強い人気があります。海外に対応している買取店なら、古い車でも日本車なら積極的に買い取ってくれます。

10年落ちの車を高額買取してもらうには

海外で人気のある日本車は、10年落ちのものでも買取してもらえます。
ただし、車の状態が悪いもの、走行距離が多いもの、そして車種により人気が低い車は買取が難しくなります。

高額で買い取ってもらえる可能性がある10年落ちの車

check

  • きちんとメンテナンスされており状態が良好
  • 走行距離が短い
  • まだフルモデルチェンジしていない
  • 人気の車種(日本では人気がなくても、海外で人気がある車種なら高額買取の可能性あり。中古市場でライバルが少ない希少価値のある車種も高く売れる。)

などの特徴がある車は、10年落ちでも高く売れる可能性がかなりあると考えて良いでしょう。

何年落ちまでの車なら買取してもらいやすいのか?

資産価値という視点で考えた場合、普通乗用車だと耐用年数で6年です。

 

普通乗用車の資産価値というのは、毎月減っていきます。資産価値がゼロになるのが、6年後なのです。つまり、6年落ちになる前に買取してもらうのが良いと考えられますね。

 

新車で購入した車両は、新車登録をして3年は車検が残っています。車検が残っている3年の間に車を売ると、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

 

最初の車検が3年、2度目の車検が5年経過のタイミングであります。
この2度目の車検までの5年間は、初期に何らかの不良を起こしていても直しているだろうと考えられ、車両の状態や機能は良好なことが多いので、高めに買い取ってもらえることが多くあります。

10年落ちの車でも、買取はもちろん、高額で売れることも多々あります。

走行距離に関しては自分で調整することは難しいですが、定期的なメンテナンスを欠かさず、車の状態を良好に保つことができれば、車は高めに売ることができるということを覚えておきましょう。

 

check

“10年落ちの愛車の価格”が気になる方はかんたん車査定ガイドで相場価格をチェックしてみては?
45秒で入力できて、1秒で相場がわかります。

 

車を高く売りたいのならこちらから

コメント

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました