車のバッテリーを上がらなくする方法が知りたい

この記事は約 2 分で読めます。

Q.軽自動車を所有しているのですが、ここ数か月、車にほとんど乗ることがありません。

そのためか、たまに車に乗るとバッテリーが上がってしまい、困っています。

出来ればバッテリーが上がらない対策があれば教えてほしいです。

 

A.1ヶ月に1時間以上乗るとか、乗らなくても1ヶ月に数回1時間程度エンジン掛けてれば、バッテリーは上がる事はないようです。

3ヶ月に1回とか、3か月のうちに30分くらいしか乗らないなどの場合は、どうしてもバッテリー上がってしまいます。その時には、エンジンをかける前に充電器で充電する必要があります。

 

1度でもバッテリーが上がってしまったら、本来のバッテリーの役割はなくなっていくと思った方が良いようです。

 

その他の方法として、

・バッテリーを外しておき、乗る時にだけ設置する。
外している時には、13.5V~13.8Vで常に充電状態にしておく必要があります。
その際に、デサルフェータ(バッテリーを延命・復活させる電子機器)をつないでおきます。

 

・ソーラー充電器(取り付けは専門家にバッテリーに繋いでもらう必要あり)

数か月に1回しか車に乗らない場合は、維持費がもったいないですよね。

その場合は車を売って、公共機関やタクシーを利用、どうしても車が必要な場合はレンタカーとおいう手段もあります。

そうした方が、はるかに経済的です。

バッテリーが上がってしまうほど、車に乗る回数が少ないなら、思い切って車を売ってしまうのも良いです。

“結構な大金を手にすることが出来ますよ。”

試しに現在のあなたの車の買い取り額を調べましょう。

意外な金額が付くかもしれません 😀 

コメント

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました