親権はもちろん私!!妊娠初期の離婚体験談

この記事は約 1 分で読めます。

離婚を決意したときは妊娠初期でした。
相手が離婚に応じないので
離婚調停の申請をしました。
もちろん、親権問題が出てきました。

手続きや審査で時間が経過して
調停が始まった時には妊娠8ヵ月
わざわざ車で3時間かけて相手の県の家庭裁判所に
足を運んでいました。
親権は私にすんなり決まりました。
と、言うか
調停の方の話では
妊娠は私の自作自演で嘘だと。
こんな大きいお腹見て、それ言うか!?
って可笑しくて笑えました。

 

養育費もいらないし、会わせるつもりもないので
ただ、これからの生活の為にまとまったお金が欲しいのでと
慰謝料を要求しました。
要求されたら、妊娠が本当なら子供に会いたい
男の子なら跡取りが欲しいと思ったのか
調停員の方に
妊娠は本当ですよね?
とか、
男の子だったら親権は旦那にとか
意味不明でした。

裁判にしても構いません!
と私が言うと、話しはすんなり決まり
養育費なし親権は私で一生子供には会わない
もちろん、慰謝料はもらいました。
妥協した少ない金額でしたが、ないよりはマシです。

 

私の子供は男の子ですが
一応、産まれた時に連絡しましたが
嘘はいいです。
とメールが来ました。
世の中には、こんなに変な考えの
理解不能な人も居るんだと思った日でもありました。

コメント

error: Content is protected !!
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました